ペット保険を選ぶ際に注意すること

ペット保険を選ぶ際に注意すること

ペット保険はなるべく料金が安くて、保障が充実した商品を選びたいものです。料金の違いは、まず犬種によっても違いますし、契約時の年齢によっても違います。

年齢が若い時ほど安いのですが、注意点が一つあります。人間の保険は契約した年齢での保険料がずっと据え置きで、更新しても保険料が上がらないものが多いです。しかしペット保険は更新すると契約時の保険料のままではなく、年齢が上がってくると保険料も上がります。人間の保険は、保険料が安い若いうちに入った方がお得という認識がありますが、ペット保険はお得感を得ることはないので注意してください。

保障の内容によっても保険料は変わります。かかった医療費の全額保障と半分の保障を比べると、もちろん全額保障の方が保険料は高くなります。全額保障は高いから、保険料の安いものの方がお得と思いがちですが、ペットの医療費はとても高いので、保険で保障されないと大きな出費になります。

ペットの治療が思わぬ高額だった場合、全額保障にして良かったということもあります。保険会社によって保障内容が違うので、よく調べることが大切です。全額保障といっても上限はありますし、保障できないケースもあります。全てが希望通りの保険を探すのは難しいです。自分が希望する条件に優先順位をつけて検討することをお勧めします。

最新のお知らせ

  • [2017年05月29日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年05月29日]
    運営者情報を追加しました。